不思議の地、童仙房

モモナナじぇーぴー

メイン

about

童仙房

  

童仙房の歴史

地名の由来

童仙房は、開拓地です。童仙房の歴史は開拓を抜きにして語れません。

童仙房区で昭和44年に開拓百年を記念して「童仙房開拓 百年の歴史」が編纂されました。その冒頭に、地名の由来が書かれています。童仙房という不思議な響きの地名、れっきとした行政地名です。その由来を尋ねられることも多いです。

6世紀後半、奈良に元興寺が建てられ、落慶されたときに、山城の国、井手に住む人たちが集まって、大きな寺院を建立しようと志して、あちこち訪ね歩きました。今の南山城村大河原にたどり着いて、宿に泊まると、戌亥(北西)の方角に金色の光が見えたので、翌日、北西の高台に登ってみると、たちまち天より童子が現れて、「私は天より降りた者である。この場所に寺を建てよ」と言うがいなや、姿を消しました。そこで、その地(今の童仙房)に1000のお堂から成る大きなお寺を建てたので、「土千房」と呼びました。

平安時代の初め頃、貴族が地元の女性との間に男子をもうけ、土千房検非違使(今の警察)となるなど、栄えましたが、検非違使のやり方がきつかったのでしょうか、843年、村民が集まって、土千房へ火を放ち、お寺の建物をことごとく焼き払ったそうです。

童仙房の地名は、古書では、堂千房、堂千坊、土千坊、童千坊、傍千坊、道千坊、道宣坊などと様々に記されています。

開拓以前(江戸時代まで)

江戸時代には、童仙房の所領をめぐって、柳生藩、藤堂藩、御領がたびたび争ったそうです。三郷(野殿、笠置、湯船)論争地図が現存しています。1714年、いずれにも所属しない空白地であるとされ、年に1回、三郷の年寄が会合して協議したと言われます。現在、童仙房3番に「参会石(三会石)」という小字名が残っています。

空白地であるということは、税がかからないということでもあり、三郷住民の中には協約を破る者が多く、論争がたえることがなかったようです。

明治になるまで、空白地のまま、草木が茂り、野生動物がすみかとなし、近隣の集落に出没しては田畑を荒らして人々が困っていましたが、そんな領地争いも、明治になってようやく終止符が打たれました。

開拓当時(明治時代)

明治になり、童仙房が京都府に所属すると、京都府は童仙房を開墾し、士族を移住させて農業生産に従事させようとしました。

明治3年、役人の市川義方氏に開拓方を担当させました。ところが、士族の移住希望が少なく、方針転換し、近辺の有志を募って開拓を進めました。原野を切りひらく作業はまさに臥薪嘗胆であったと伝えられています。

明治4年10月、開拓が完了しました。戸数136、水田22町歩あまり(1町歩は約1ヘクタール)、畑地115町歩あまり、茶園60町歩あまり、雑畑55町歩あまり、合計140町歩でした。

その後、神宮(郷社大神宮)、寺院(ないおん寺)、学校ができ、人口500人(現在は約250人)、さらに郵便局、商店、旅館があって、にぎわいました。とくに、開拓間もない頃、4番に京都府童仙房支庁が置かれました。現在の役所池の北側に、広大な役所、役人詰所、官吏住宅、区長詰所等があり、警察署もあり、6ないし7名が常勤していました。

現在にいたる

開拓当時は繁栄を誇りましたが、以後、支庁は廃止となり、ふつうの農村となっていきました。人口も減っていき、一時は40戸にまで減りましたが、終戦後、再び京都府の開拓計画があがり、童仙房の西部と南部の104町歩に20数戸の開拓者が移住しました。

電灯は昭和10年ごろから童仙房の一部で点灯されていましたが、昭和23年、全域に点灯されました。

昭和28年には、南山城水害により、一夜で600ミリの降雨があり、道路も田畑も住宅も、壊滅的な被害を受けました。その後、力を合わせて復興し、昭和34年には有線放送電話が開通し、主要道路が順次、整備、舗装され、現在に至っています。

平成に入ってから、個別に移住してくる人が相次ぎました。現在は、約70戸、250人が暮らしています。社会構造の変化により、農村の産業は成り立ちにくくなってきました。林業は産業としての体裁をなさず、建設業は公共事業が激減し、農業も低迷傾向が続いています。

少子高齢化は加速し、平成18年には、野殿童仙房小学校が廃校となり、地域の行事も減りました。

私たち、童仙房の住民には、フロンティアスピリッツが受け継がれています。どんな逆境にあっても、みずから道を切り拓いていく。それこそが童仙房の伝統だと思っています。


 なお、童仙房の歴史については、童仙房区のサイトに原文が掲載されています。
  童仙房区
    童仙房開拓 百年の歴史
    童仙房開拓記
    童仙房開墾記

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ