平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[012]新しいものは、何もない

  

 

創造とは、今までになかった新しいものを創り出すことです。

その最たるものは、神話や宗教で説かれる天地創造と人類創造です。そんなばかな!と笑い飛ばすこともけっこうですが、隠喩として読むと、なかなか興味深いです。

天地創造と人類創造は、世界各地の神話に様々な形態で見られます。日本の神話(古事記、日本書紀)には、天地創造はありますが、人類創造は、はっきり示されていません。天地創造がなかったり人類創造がなかったりする神話もありますし、両方を兼ねそろえた神話もあります。創造する方法もまちまちです。

人類が創造されたあと、何度か人類を再起動させたという神話も多いです。洪水や大火などで人類の大部分を滅ぼして、新しい人類をスタートさせるという内容です。5回再起動した末が現在の人類だという神話がいくつかあります。

日本の神話では、人類の再起動は見られません。

歴史的にそのようなことがあったのかどうかは、置いておきましょう。世界各地に伝わる神話は、見た目は様々であっても、大きく共通するものがあります。

宗教は、その地の神話をある程度ベースにしています。民話も、神話をベースにするものが多いです。

今の人類にとって、最も古くから伝わる知恵は、神話でしょう。神話の正体は何でしょうか? 神が人間に説いた話? さあ、それはなんともわかりません。ただ言えることは、人類がかなり古くから、よく似た知恵を、世界各地で伝えてきたということです。

神話には、残虐な場面も多々見られます。闘い、和解、発展、成長、苦悩、挑戦、勇気、創造など、ほとんどあらゆるものが含まれています。

私は、ここ2年間、わが家の経済的苦境、地域の衰退に直面し、どうすればいいか、多くのことを試行錯誤してきました。成功した人たちからも多くを学びました。

行き詰まったとき、新しい局面を拓かねばならないとき、人は、古きを捨てて、新規なものを考えようとします。ところが、創造に成功した人々は、見れば見るほど、新しいことはしていません。表面的に、新しいものを創り出したようでも、彼らの語る言葉には、何も新しいものが見られません。彼らは、古いものを大事にし、古いものを愚直に実践しています。

歴史的な偉人でも、ビジネスの大成功者でも、彼らは、新規なことを語っているでしょうか?

彼らの語る言葉は、神話そのものです。あるいは、信仰そのものです。あるいは、昔話そのものです。どこかで繰り返し聞いたようなお話ばかりです。彼らは、神話のような人生を生きています。特別な能力や資産が必要なわけではありません。何もなくてもそのような生き方ができます。

世界は、発展し、成長しています。それは、新しいように見えて、新しいものは何もありません。古いものを大事に、愚直に生きることが、創造に他ならないようです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ