平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[023]どたんばの秘密

  

 

成功のためには、どたんばを突破することが必要です。

ヒーローズジャーニーを検証してみましょう。

天命を受けて、旅が始まります。幾度となく試練を超えていき、とてつもない大きな壁(悪魔、敵、難題)に当たります。メンターに出会い、強い自分にパワーアップし、壁を越えて、故郷へ戻ります。

「とてつもない大きな壁」がどたんばです。

どたんばでは、次のパターンが生じます。

(1) もがく・・自力では解決できない
(2) 怖れ・・・破滅が不可避
(3) 救い・・・メンターに会う(人、本、教え、出来事など)
(4) 変容・・・新たな力を獲得し、自分が生まれ変わる
(5) 決戦・・・死力を尽くして、闘う
(6) 戦局・・・奇跡が起きる
(7) 勝利・・・感謝の念に満ちあふれる

人類の壮大な歴史において、これ以外のパターンはありません。まさに、これこそが、人類の叡智です。この道を歩むべしと、すべての宗教、神話、民話、伝統文化が示しています。

闘う相手は、他者ではありません。自分の心の中の恐怖です。

どたんばの7つのプロセスのうち、最も重要なのは、第4フェーズの変容です。これがなければ、どたんばを超えられません。どたんばでは、破滅の恐怖が襲います。だから、必死になって、道を拓こうとします。ふだんなら、耳を傾けないはずの話も、素直に聞けたりします。どたんばで目の前にめぐってくる出来事や人こそが、メンターなのです。謙虚にひれ伏して、教えを請い、学びましょう。

破滅の恐怖によって、深い学びと修得がなされます。ごく短期間に、大きな成長を果たします。成長と言うより、脱皮、あるいは生まれ変わりと言った方がいいかもしれません。

これは、神秘体験に見えるかも知れません。自然と、信心深くなるかもしれません。

創造とは、何かを生み出すことだと考えられていますが、それは何を隠そう、自分が変容することに他ならないのです。創造の力は、魔法ではありません。自分とは別の世界で何かが勝手に生まれるなどというものではありません。

世界と自分はイコールです。だからこそ、自分の中で生み出されるものが、世界で生み出されるものなのです。

創造には、産みの苦しみを伴います。産むことは、苦しいと同時に、至福でもあります。だったら、どたんばも、苦しければ苦しいほど、至福であるはず。これが、創造であり、幸せです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ