平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[044]私が苦境で得た学び

  

 

わが家は、明日をも知れぬ苦境に陥っています。経済的な問題です。多くの田舎は、急速に消滅に向かっています。産業はおろか、生活のあらゆる側面が縮小または停止に向かいつつあります。住んでいて、恐怖を感じるほどです。
私は、父親として、家族に、都市へ移り、サラリーマンとなることを提案しました。そうなると、ホームスクーリングはできません。しかし、眼前の危機は回避できるでしょう。

長男と長女が、猛反対。童仙房に住み続けたい。ホームスクーリングを続けたいと。
妻は、ここに住まねばならない理由は何もないものの、子どもたちの考えを聞いて、逃げる選択はしたくないと言いました。

そして、私たちは、家族そろって、どうすればいいかを考え続けました。
やっかいなのは、わが家だけが何とかなっても、地域が消滅しては無意味だと気づいたことです。

まず、お金を手に入れる方法が、まったくありません。
かなり無理をして、高額なビジネス系の情報商材をいくつも買いました。成功ノウハウには興味がありません。誰かの成功事例をマネしても、まずうまくいかないからです。私たちが買い続けたのは、成功哲学です。けた外れの成功(経済的な成功だけでは成功ではありません)を成し遂げた人たちは、不思議と、同じことを語ります。まるで宗教か、古典的な教訓か、道徳のような。成功は、世界中の人を幸せにしようという動機から生じると。

ビジネスというものは、金儲けではない。世界中の人を幸せにしようという思いの実現に他ならないとのこと。じっさいに世界中の人を幸せにし尽くすことはできないので、成功には上限がないとのこと。

なぜ、そうなるのか。

お金を儲けることしか考えずにビジネスをする人もいます。彼らは、一定の成功をおさめると、必ず、地雷(主として家庭のトラブル)を踏みます。それを超えることで、他人へのまなざしが変わっていきます。私は金儲けのためのビジネスを成功させた経験がないので、未知の世界ですが、どうも、こういう「真理」があるようです。そして、当初から、世界を幸せにしようとビジネスを立ち上げた場合は、地雷が生じないようです。

「世界を幸せにしよう」という思いは何なのか。それは、どこから来るものなのか。現実に対してどのように影響を与えるものなのか。

私は、このテーマに1年間をささげました。お金を稼ぐための仕事は、何もしていません。生活費はまわらず、借金を重ねています。

成功哲学だけでなく、世界各地の神話、宗教、伝説、昔話、歴史など、人類に伝わる古典的な叡智を、手当たり次第に勉強しました。

「世界を幸せにしよう」という思いは、特別なものではなく、だれもが自然と心の奥底に持っている、普遍的なものであるということをしだいに確信していきました。世界は、「世界を幸せにしよう」という原理で動いている。そう考えると、いろいろなできごとや矛盾に満ちた事象をあっさり理解できるように感じます。

世界には、幸せではないと、感じている人々が、大勢います。日本にも大勢います。彼らの人生は、何なのか。歴史のノイズに過ぎないのか。そんなことはありません。彼らは彼らなりに、精一杯の人生を生き、生涯を終えていきます。彼らの人生は、誰かに何らかの影響を与えます。犯罪者は犯罪者なりに、影響を与えます。影響を受けた人は、迷い、考え、学びます。だからこそ、どのような人のどのような人生も尊いものだし、人生に優劣や貴賤はあろうはずがありません。

人を苦しめる行為をした人は、法によって、あるいは社会的に、処罰されたり制裁を受けたりします。そのできごとが、多くの人に、学びを与えます。

差別を受けたり、災害にあったり、ハンディキャップを負ったりするなど、本人の責任ではない苦難にあわれる方も大勢います。彼らは、その不条理な苦難に彼らなりに立ち向かい、どこかの誰かに、学びを提供します。

私も、私なりに、目の前にある現実を精一杯生きることで、世界を幸せにしたいと心から願います。

わが家の家計は、計算上は、とっくに破綻しているはずですが、不思議なことに、今なお、ふつうに暮らしていられます。贅沢は決してできませんが、子どもたちに誕生日やクリスマスのプレゼントも渡し、小遣いも毎月渡し、お年玉も渡せました。食事、おやつ、服、勉強の教材、文房具など、必要なものはすべて実現できています。本はふんだんに買っています。そして、家族みんな、毎日、明るく、幸せに暮らせています。不思議なことです。

神や仏が私たちを守って下さっているという考えは、好きではありません。私たちが守って頂けるとしたら、守ってもらえない方々との違いを説明できません。もし、特定の神や仏を信じる人だけ守るのであれば、ずいぶん、不公平な話です。

幸せは、偶然によってもたらされるのではないと感じています。では、いったい、何によるのでしょうか?

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ