平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[049]あなたの偉大な人生

  

 

世の中の99%以上の人は、こう思っています。
「私は平凡な人間だ」
「私は優れた能力や才能などもっていない」
「大きなことを成し遂げる人は、別の人種だ」
「世界など、私には関係ない」
「私の人生など、つまらない、とるにたりないものだ」

だから、「世界を救う」などという原理は自分には関係ないと思っています。

世界を救うというのは、救世主のようなヒーローを意味するのではありません。世界がより良い世界となるためにあなたの存在が必要であるという意味です。

自然界を見てみましょう。どんな小さな生き物でも、小さな石ころでも、必ず、世界の中で役割があります。その役割は、世界から指示されたり依頼されたりしたものでもありません。世界に存在するということ自体が、自然と役割を帯びていくのです。

人間が嫌う存在、そうですね、ノミ・ダニ・シラミを考えてみましょう。まったく無駄な存在でしょうか? 彼らが存在することで、何に影響を与えているでしょうか?

私たちは、彼らに悩まされないよう、清潔を保たねばなりません。清潔が損なわれれば、彼らに襲われます。彼らの存在は、清潔が大事であることを、私たちに教えてくれます。

病気は、なぜ存在するのでしょう? 病気があるがゆえに、私たちは、健康のありがたさを知ります。もし、病気がなければ、健康に無頓着となるでしょう。私たちの身体に対して、感謝が起きません。

ある人はもしかしたら、ギャンブルに溺れる人生を送ったかも知れません。良いではないですか。彼は人生、何が大切かを、身をもって示したのです。まさに世界を救う人生ではないですか。

ある人はもしかしたら、嘘をついては人から奪う人生だったかもしれません。良いではないですか。彼は、嘘をつくこと、奪うことがどれほどみじめであるかを、身をもって示したのです。まさに世界を救う人生ではないですか。

ある人はもしかしたら、家族を守ることに必死だったかもしれません。良いではないですか。彼は、家族<だけ>を守ることが現実的ではないと、身をもって示したのです。まさに世界を救う人生ではないですか。

ある人はもしかしたら、苦しみの連続だったかも知れません。良いではないですか。彼の生き様が、生きることの尊さを示しています。まさに世界を救う人生ではないですか。

あなたは、自分の人生が、どんなに卑小でつまらないものだと思っていたとしても、あなたは世界を救っています。世界を救わない人生を歩こうと思っても、それは無理です。あなたは、世界に生きていますから。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ