平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[059]原発事故からの学び

  

 

2011年3月11日の東日本大震災によって、福島第一原発が、未曾有の大事故を起こしました。チェルノブイリを超え、史上最悪の事故と言われています。
事故直後は、「それでも原発は必要だ。反原発派は騒ぎすぎだ」という声がまだまだ強かったのに、夏あたりから、だんだん本当のことが分かってきて、とてつもない、とりかえしのつかない事態だと理解するようになり、「電力の不足より、原発の方が許容できない」という声が多くの国民を覆うようになってきています。

それに伴い、国や東京電力やマスコミへの批判が強まり、怒りとさえ言える状況です。

ちょっとこれは、危険ではないかと、私には見えます。念のため、申し上げますが、国や東京電力やマスコミが、今のままでよいなどとはまったく思っていません。大きな改善が必要です。

しかし、国、東京電力、マスコミを悪者に祭り上げれば、それで良い世の中になるのか?
スケープゴート、つまり、生け贄が、問題を解決し、未来を拓くのか?

そんなことはありません。逆に、スケープゴートに罪を背負わせ、私たちは単なる被害者であると、「あっちは悪、こっちは善」の風潮は、良い結果をもたらしません。歴史がそう語っています。

もう一度言いますが、国も東京電力もマスコミも、現状は問題だらけで、改善の余地は無限にあります。しかし、それを、私たちが観客席で見ているだけでは、世の中、変わりません。というか、よけいに悪くなります。

自分たちは善で、あっちは悪、という風潮をいきすぎると、暴動や革命やテロ行為につながりかねません。

私たちに必要なことは、学びです。

原発事故から、虚心坦懐に、何を学ぶか。

学びとは、犯人捜しではありません。

世界を救うために、原発事故が、存在しています。

ある人々は、原発という怪物を生み出したのは、私たちの欲望なので、電力消費を抑えるべきだと主張しています。

なるほど、原発は、怪物です。いったん事故が起きると、対応が不可能となります。国や東京電力が国民を欺しているという事実、すでに多くの国民が気づいていますが、ちょっと考えると、国も東京電力も、そうしかできないのではないかと思えます。つまり、本当のことをそのまま伝え、誠実な対応をすることは不可能であるというのは、事故の実相なのです。

放射能漏れを止めることも、汚染を除くことも、人的被害を食い止めることも、環境への被害を食い止めることも、原発を廃炉にすることさえ、現実的ではありません。ようするに、そのまま、なるがままにほっておくしか、どうしようもない。原発事故とは、そのようなものなのでしょう。

だから、原発事故は現実には起きないことにしてきました。原発事故を想定するのは現実離れした夢想家のすることでした。原発廃棄物を処理する方法さえないのに、廃棄物のことは考えないことにしてきました。それを、私たち国民が、共有してきました。

じっさいには、原発は、人間がコントロールできない「怪物」です。今回の事故で、私たちは、痛切に感じました。もはや、怪物を怪物でないと考えることは現実的ではありません。

では、怪物を退治すれば解決か?

私たちの科学技術がもたらした甚大な災害に、私たちが対処してきたという実例が、あります。公害です。そのとき、私たちは、何を学んだでしょうか?

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ