平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[068]選択は、じつは1つ

  

 

私たちは、個人であろうと、組織であろうと、「自分は何をしたいのか」と、問う必要があります。

そして、自分が出した答えを、自分が選択します。

「自分は何をしたいのか」と問うて、「お金を稼ぎたい」と自分が答えたとします。
「お金を稼いで、何をしたいのか」と、さらに問います。「家族を守りたい」と、自分が答えたとします。
「家族を守って、何をしたいのか」と、さらに問います。「家族を幸せにしたい」と、自分が答えたとします。

「家族を幸せにして、何をしたいのか」と、さらに問います。というのは、家族の幸せとは、どういう状態なのか、ということをしっかり考えるためです。

健康であったとしても、仲が悪かったら、幸せなのか?
健康で、仲が良くても、貧困にあえいでいれば、幸せなのか?
健康で、仲が良くて、お金があっても、社会から孤立していて幸せなのか?

こんなふうに問いを重ねていくと、どんな環境でどんな道を歩いていようとも、1つの答えに行き当たるはずです。

「世界を救いたい」とか
「世界に貢献したい」とか、
「困っている人の役に立ちたい」とか、
世界を救うという表現のバリエーション内に行き着くはずです。

そして、世界を救うという答えに対する問いは、必要と感じないはずです。

これを、他人または神仏から与えられてはいけません。自分で見出して選択することに、大きな意味があります。創造の力を使って、思いがけない奇跡を起こすには、これが不可欠です。

出発点は、利己的な、自己中心的な願望であってもいいです。利己主義はダメだと切り捨てなくとも、問いを重ねていけば、自然と、世界を救うという思いに行き着くはずです。

願望の最終形であるなら、「世界を救う」は、願望ではなく、ミッションというべきです。使命とか天命とかいうニュアンスではなく、「私の人生の羅針盤」といったところでしょうか。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ