平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[078]弱き者を助けることはできるのか?

  

 

昔と違い、近代文明の民主主義社会では、社会的弱者を放置しません。
お年寄り、障がい者、子ども、母子家庭、貧困、病気・・・

今、元気に働いていても、明日は我が身。他人事ではありません。社会的弱者が守られてこそ、私たちも安心して暮らしていけます。
民主主義国家では、どこの国でも、高度な社会保障の仕組みをもっています。ところが、最近は、どこの国でも、社会保障が危機を迎えています。

20世紀には、大量のモノが生産され、消費され、どんどん豊かになっていきました。人口も富も、右肩上がりでした。だから、社会的弱者を助ける余力がじゅうぶんにありました。

21世紀になって、人口も富も、頭打ち。むしろ、少子高齢化と、ものづくりの国外流出で、右肩下がりもあり得ます。

社会保障システムは、右肩上がりでないと維持できない構造になっています。

では、どうするか。どの国でも、選択肢は同じです。小さな政府か、大きな政府か。新自由主義か、社会福祉国家か。

前者であれば、社会保障費の削減(または廃止)を目指します。
後者であれば、増税によって、社会保障を維持しようとします。

予想される未来は、
前者であれば、不安の増大、格差の拡大。社会的弱者の切り捨て。
後者であれば、生活困難の増大、増税のスパイラル。国民と国家の共倒れ。

どこの国でも、前者と後者がせめぎ合いをしています。でも、どちらをとっても、バラ色の未来は描けそうに見えません。どこかの国の問題ではなく、世界中の国々が、同じ問題を同時に抱えています。ということは、時代が抱える問題であり、20世紀のパラダイムが通用しなくなっている証拠です。

そして、この構造は、個人が抱える個人的な問題とも共通しています。

選択肢があったとしても、どちらもうまくいきそうにないので、どちらも選べない。つまり、解決策がないという状況です。20世紀には、何らかの選択をすれば、どうにかなったのに、21世紀には、選択のしようがないし、どうにもならない。

こういうとき、創造の力が必要です。私がイメージするインターナショナルスクールは、ただ単に、いろんな国の人たちが学び、世界に通用する力をつけようというものではありません。そのようなインターナショナルスクールは、すでにいくつも存在するし、あえて私が人生賭けて立ち上げる意味はありません。

解決できない問題に対して、道を見出すことが、目標です。

さて、社会保障の問題の場合、2つの選択肢は、同じ穴にはまっています。それは、どちらかの立場で世界を見る限り、いつまでも見えてこないでしょう。双方の立場を出て、空から広く見おろす(俯瞰する)ことが必要です。

その穴は、抜けられないものではありません。というか、その穴は、幻ではないのか。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ