平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[087]21世紀を生きるための必要不可欠な条件

  

 

新しいタイプのノマドワーカーは、なぜ成り立つのでしょうか?
資金も学歴もスキルも人脈も肩書きも経歴も何も必要ありません。なのに、誰にも雇われず、どこででも仕事ができ、自分の時間や行動が自由になる。

旧いタイプのノマドワーカー(インディペンデント・コントラクター)と、新しいタイプのノマドワーカーとの違いを比較します。

スキル・・・(旧)最重要  (新)不要
忙しさ・・・(旧)多忙   (新)余裕
開示・・・・(旧)秘密   (新)シェア
商品・・・・(旧)スキル  (新)自分

旧ノマドは、非常に苦労しますが、成立することが見えやすいです。新ノマドは、あまり苦労しているように見えませんが、成立することが不可解です。

21世紀には、どちらが安定するでしょうか?

意外と、旧ノマドは、リスクが大きいです。その技術が通用しなくなる、あるいは価値が低くなる状況が生まれると、とたんに仕事がなくなります。新ノマドは、自分が商品なので、自分が通用しなくなる状況が来ない限り、どうにかなるでしょう。自分が商品であるということは、人のつながりが価値を生むということです。

新ノマドは、自分ブランドを構築し、つながりを構築し、ビジネス化しています。ビジネスになるということは、それを必要とする人たちがいるということであり、価値を創造しているということです。

ここで、誤解が生じやすいのは、「自分ブランド」です。田舎の特産品づくりでも、よくあるのは、旧来の商品そのものに、新しい名前をつけて、新しいパッケージをつくるという「ブランドづくり」ですが、これはブランドとは言えません。ブランドは、ゆるぎない信用のことです。外見をどう取り繕っても、ブランドにはなりません。

自分ブランドに必要な前提は、アイデンティティです。自分と他人はどこが違うのか。いや、違いを明示するだけではブランドではありません。他人に左右される価値観ですから。もっと、絶対的な価値観です。

「私は何者なのか」ということです。何者かといっても、「人間」ですから、もう少し突っ込む必要があります。
「私は何がしたいのか」と未来を問います。すべての過去は、未来のためにあります。良い未来を求めて、私たちは生きています。だから、目指す未来こそが、自分の正体です。
「私はどう生きたいのか」と問えば、さらに正確でしょう。

単純な問いですが、これを考えることなく生きている人が、あまりに多い。20世紀までは、国家に依存して生きることができました。だから、そのような問いは必要なく、むしろ有害であり、既定のレールに沿って生きることこそが、大切でした。

21世紀には、国家への依存を大幅に弱めます。もしかすると、国家はなくなるかも知れません。つまり、既存のレールはなくなります。これは、人類の未体験ゾーンです。だからこそ、「自分ブランド」が、大いなる価値をもたらすようです。

現実に、自分ブランドが価値になり得ています。

アイデンティティ→自分ブランド→つながり→ビジネス

逆に言うと、アイデンティティなくして、自分ブランドはあり得ません。

では、アイデンティティは、どこから生じるでしょうか?

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ