平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[107]不幸の意味

  

 

人間は、この世を、○か×かで色分けしています。好ましいものと、好ましくないもの。

普通に考えると、×を捨てて、○を取りたいものです。○と×は、表裏一体の関係です。×を排除することはできないはずです。

それでも、人間は、×の扱い方に苦労します。×は、不幸そのものであり、○こそ、幸福なのだ、と。

世界は、たえず成長しようとしています。だから、全ての生物は、世界を救うために存在しています。人間も、例外ではありません。

不幸の源は、煩悩や欲望であるとし、欲望や煩悩をどう処理するかが、人類の大問題でした。

×も、世界そのものです。○だけ追って生きるなら、世界に対して主体的にはなれません。主体的に生きるには、×を追わねばなりません。

×は、不幸です。その不幸が、なぜ存在するか。意味があります。もし、出来事に意味がないなら、世界は無秩序となり、科学でさえ成り立たなくなってしまいます。自然と、人間の出来事は違う、という声も聞こえそうです。じゃあ、どこが違うか、説明して下さい。人間と自然は、どこが違うのか。それこそ、傲慢ではありませんか。人間が特別な存在であるなら、人間は、自然を守ることも壊すこともできるはず。だったら、環境問題で悩まなくてもいいではないですか。

人間と世界は一体なのに、別のものであると考えることから、問題が生じています。

戻りましょう。

不幸が、なぜあるか?

必要だからです。

何に必要なのか?

世界を救うためです。

幸福は、世界を救えないのか?

救えません。満ち足りた思いは、エネルギーを持たないからです。

不幸は、何とかしたいというエネルギーに満ちています。

東日本大震災は、壮絶な不幸です。だからこそ、ものすごいエネルギーを生じています。日本人が、いくら平和ボケしようと、自己中に陥ろうと、自信を失おうと、世界から目を閉ざそうと、世界を救うというエネルギーを生じさせます。

東北のみなさん、生きて生きて生きましょう。私は、東日本大震災の被害を受けていません。あなたたちと同じ苦しみを共有することはできません。しかし、未来を拓きたいと熱望しています。政府や東電への怒りはあるでしょう。そのエネルギーを未来へ向けませんか?

よほど無理に見えることでも、本当に不可能ではありません。だいじょうぶです。あなたたちは、ひとりぼっちではありません。世界中で、手を取り合って、進みましょう。どんな困難も、超えられます。どんな問題も、解決できます。

あなたたちが失った以上のものを、必ず得られます。世界は、素晴らしく、美しい。たとえ、どんな不幸があったとしても。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ