平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[111]人事を尽くして天命を待つ

  

 

自分が抱えている×の状態、つまり、不幸とか、不満とか、改善すべき課題とか、そういうものは、他との関わりにおいてのみ、解決可能です。

そのことは、依存心につながりかねません。

依存心には、2つの問題があります。

1. いくら他からの支援があったとしても、当事者が主体性を発揮しなければ解決不可能であること。
2.「他からの支援」というのは、問題が大きいほど、予期せぬ方面から、あるいは自分が好まない方面からの支援であることが多い。依存心は、その支援を取ることができない。

人間は、ついつい「私は無力だ」「私はつまらない存在だ」「私には何もできない」と思いがちです。それは、主体的に生きることの放棄であり、「私が人間であること」を矮小化するものです。

だったら、逆に考えましょう。なぜ、人間は、そんなことを考えてしまうのか?

必要だからです。世界が求めているからです。

人間が、難なく主体的に生きられるならば、主体的に生きるということ自体に価値がありません。苦労して勝ち取ってこそ、崇高な価値があるのです。勝ち取るというのは、他人から取るのではありません。自分からです。

20世紀の、西洋型のシステムは、「苦労して勝ち取る」ことの尊さを排除する傾向がありました。無用な苦労は避ける。だから、主体的に生きるのではなく、管理を追求したのです。

では、問題を抱えている当事者は、どうすればいいでしょうか。

主体性を発揮するには、どうすればいい?

日本には、すばらしいことわざがあります。「人事を尽くして天命を待つ(じんじをつくしててんめいをまつ)」

システムは、確実な結果を得ることを目標としますが、現実は、そうはいきません。結果にこだわるならば、行動を小さくして、結果を小さくするしかありません。

それでいいなら、それでいい。

でも、そんなやり方ではどうにもならないこともあります。

結果が保証されているなら、「×から生じるエネルギー」は小さくなってしまいます。結果が見えないことへの行動は、恐怖です。

だから、エネルギーが生じるのです。

結果は、天にゆだねる。言い換えると、最悪の結果がでても、甘んじて受け止める。そのためには、結果に至る過程で、死力を尽くす。

まさに、「武士道は死ぬことと見つけたり」の精神です。
そしてまた、これこそが、最も良い結果をもたらすのです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ