平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[117]生命の仕事

  

 

ガイア理論のジェームズ・ラブロックは、人間を含む生物を含む地球を1つの生命と見なし、ガイアと呼んでいます。
しかし、人間のガイアにおける貢献を小さいものと考えているようです。ガイアを支えている最大の貢献者は微生物だそうです。微生物や重要で多様な役割を担っていることは間違いないでしょう。

私は、ガイア理論を支持しますが、もっと拡大して考えたいです。

ジェームズ・ラブロックは、科学者ですから、このような理論が、ギリギリのグレーゾーンでしょう。科学は、再現可能性がなければなりません。「同じ手順で誰がやってもそうなる」ことが必要です。心霊体験やUFO目撃事件やUMAなどは、再現しようがないので、たとえ事実であったとしても、科学では扱えません。宗教もそうですね。宗教という社会現象や心理現象や、文献研究は、人文科学として成り立ちますが、信仰そのものは個人の内面で、人ぞれぞれなので、科学としては扱いが難しいでしょう。

科学的であるということは、多くの人に対して、説得力を持つので、大きな意味があります。

その分、制約が生じるわけですが・・・

私は、科学にも宗教にも制約を受けないフリーな立場で考えを進めてみます。ですから、私が言うことに対する「科学的でない」という批判は、そのとおりです。

私が「創造の力」を書き続けている理由は、通常の方法でどう考えても、生きる道が見あたらない、あるいは、非常にリスクの高い道1つしか見あたらない、というとき、どうしたらいいのか。そこに尽きます。もちろん、自分自身がその状況にあるから、私が第一の当事者です。

「この先、危ないかも」というようなのんきな話ではなく、「もうあかん!」「絶体絶命」「目の前は絶壁」「万に一つも生き延びるのは無理!!」こういった状況です。これを私は「どたんば」と呼んでいます。

20世紀までは、先進国の国民たちの間で、本当の意味の「どたんば」など、例外的でした。そんな危ない目にあわなくてもいいように、国家が至れり尽くせり、高度な社会を作ってくれています。ありがたいことです。

それが、21世紀に入って、急速に弱まりつつあります。国家がなくなるかどうかはわかりませんが、今まで平凡に暮らしてきた多くの人たちが、ある日突然、気がついたらリアルファイトの荒野へ放り出される、という現実が生じてくるでしょう。というか、すでに生じつつあります。荒野へ放り出されてしまった人も、少なくありません。

そんなとき、どうする?

まさに、この問いこそ、私の考えの根本です。学問や科学にこだわって、動けなくなることは、ご容赦願いたい。宗教的な制約によって動けなくなることも、ご容赦願いたい。

さて、問いへの第一歩です。ラブロックの名言を、ちょっと変えてみます。
「どうやって不可能を可能に変えるか」ではなく、「どうして可能なことを不可能だと思っているのか」

まさにそれこそが、生命の仕事です。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ