平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[126]システムと、私

  

 

西洋の文明は、ひとことで言うなら、システムでしょう。
客観的な知的体系を作り上げてきました。どこまでも拡張することができます。人類の繁栄は、無限に見えます。

しかし、あまりにシステムを拡張しすぎると、全体が見渡せなくなり、いたるところに歪みが生じます。それが現在の状況です。

これは、個人レベルでも同じです。

個人が抱える問題が、なぜ生じているのか、どうすれば解決できるのか、それがさっぱり見えなくなってしまっています。

従来の、システム思考では、よけい混迷を深めるだけです。

「全体を見渡す目」が必要です。これこそが、東洋的な文化です。

しかし、東洋には、システム思考がありません。ただたんに、東洋を賛嘆すればいいかというような浅い問題ではないのです。

「システム全体を見渡す目」そして「全体を見渡す目が構築するシステム」が必要なのです。

これこそが、わが家のホームスクーリングのテーマでもあります。

単なる脱学校や、反学校は、無意味です。そんなことは考えていません。

細分化され、複雑になったシステムに、全体を貫くシンプルな原理があるはず。そうでないなら、システムはバラバラとなり、世界は崩壊してしまいます。そして、そのシンプルな原理が、無限の価値を創造するはず。

昔の人は、それを、打ち出の小槌とか、魔法のランプとか、如意宝珠とか、いろんな言い方をしました。

自然科学は、自然界の法則を次々と発見していきました。これらの法則は、それぞれが独立して別個のものなのでしょうか?

そんなはずはない。自然は一つ。世界は一つです。バラバラな法則がたくさんあったら、世界はバラバラになってしまいます。

自然科学のたくさんの法則は、きっと、1つのことの言い換えに過ぎないはずです。

そして、自然界の法則は、人間の心にも、人生にも、出来事にも、同じ原理が及ぶはずです。

そして、その原理は、未発見のものではなく、世界中に散りばめられているはずです。

だからこそ、人類は高度な文明を発展させられたのでしょう。

その原理をつかみたい。それを、世界中へ還元し、困難に見える問題を乗り越え、良い世の中を作りたい。

わが家のホームスクーリングの理念です。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ