平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[136]問題解決に必要なこと

  

 

私が構想するインターナショナルスクールは、問題解決の場です。知識を学ぶ場ではありません。問題解決とは、非常に厳しく、真摯な場です。

問題といっても、私が想定する問題は、世界に存在する最も厳しく最も難しい類の問題です。その渦中にいる人たちは、問題解決ができなければ、死またはそれに相当する破綻が待っています。彼らは、覚悟を決めるか、生きることをあきらめるか、どちらかしかないでしょう。

豊かな国に暮らす私たちにはピンとこないかもしれませんが、世界には、そのようなどたんばにある方々が、大勢います。

上っ面の支援では、彼らを救うことはできません。彼らが、自分自身でその問題を解決していく力を身につけるしかありません。私たちは、その問題解決に、ともに当たりたい。

問題解決に必要なのは、まず第一に、どたんばという状況です。余裕のある状況では、問題解決は難しいです。

第二に、覚悟です。その問題は、ある程度の人数の方々が共通して抱えているはずです。ある人が覚悟を決めると言うことは、同じ問題を抱えている人々に道を拓くということです。自分が救われるのみならず、大勢の方々の苦難を取り除こうとする決意です。

第三に、仲間です。真摯に問題解決に取り組もうとする仲間が必要です。1人で問題解決はできませんし、真摯さの足りない仲間と一緒でも、解決はできません。

第四に、世界に対する謙虚さです。他人、他民族を見下すような心があっては、難問の解決は遠のきます。どのような意見、どのような文化、どのような知見にも、ヒントがあるはず。

第五に、ホーリズムです。あらゆる知見を綜合する思考が、問題解決へ近づく道です。

私たちは、厳しいどたんばにいる世界中の人々のうち、縁ある人たちと、寝食をともにし、問題解決を目指したいです。

問題解決は、私たちにとっても、至上の学びとなります。人間が普通に持つ創造の力を最大限に活かし、多くの人とともに、自らの幸せを作り上げる。そのエネルギーは、エリートや、豊かな人々からは生まれません。最も厳しいどたんばから生まれるのです。

そして、問題解決とは、起業であり、ビジネスに他なりません。そういうビジネスは、大きな価値をもたらすことでしょう。そこからリターンを頂くことで、インターナショナルスクールを運営していきたいです。

なので、スクールへの参加は、基本的に無料とし、開放したいです。とりわけ困難などたんばにいる人々をコアメンバーとして、長期滞在して頂き、それ以外の一般の方々は、一般メンバーとして、参加自由としたいです。

どたんばにいる人々は、おおむね、貧しいはずです。スクールが無料で開放されていなければ、彼らに道はなくなります。出世払いということですね。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ