平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[146]システムとホーリズムの統合

  

 

西洋的な近代文明、学校教育は、非常に合理的でシステム的です。主観や個人への依存を排除し、客観、抽象を追求しています。

かたや、東洋的なホーリズムは、主観を大事にし、個人を中心にしています。

両者は、真逆のようです。その違いはどこにあるかというと、「私は私。あなたはあなた」か、「あなたの思いを分かち合いましょう」かということだと思います。

つまり、私と私以外の世界を別と見なすか、私と世界を1つのものとみなすか。他人の喜びや悲しみを他人事ととらえるか、当事者意識を持つか。

両者は、それぞれ一長一短があり、どちらかだけで突き進むのは危険です。

両者を統合するには、どうすればいいでしょう?

それこそが、敬意だと思います。他人へ感情移入をしすぎるのは、危険です。だからといって、他人事では学びが浅くなります。

敬意とは、自分の小ささを思い知ることから始まります。

劣等感、優越感は、いずれも傲慢です。あるがままの自分こそが真実なのに、それとは違う、もっとすぐれた自分があると錯覚する。すぐれた自分は、他人の上に立てる自分だという錯覚。何をやってもうまくいかないでしょうね。

あるがままの自分は、小さな存在だが、この世に生きているすばらしい存在です。

自分が抱えているどんな状況でも、世界を救うための学びです。

そして、マイナスこそが、世界を救います。自分にとってのマイナスが極まった状態が、「どたんば」です。どたんばこそが、世界を救うエネルギーです。

敬意をもって、世界に接すること。これこそが、東洋と西洋の統合であって、創造の力です。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ