平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[149]原発は、依存の発露

  

 

繁栄が欲しくて、原発に対して知らん顔を決め込んだ。

それが、今までの私たち日本人でしょう。政府のせいにして被害者ぶるのはやめましょう。311以前でも、いくらでも正しい情報を得ることは可能でした。それをしなかったのは、私たちです。

被爆国でありながら、最も過酷な原発事故を自ら招いてしまった私たちは、ある意味、放射能被害のスペシャリストです。

その学びを、世界へ還元しませんか?

悲惨な原爆体験を持ちながら、地震が多発する狭い国土に多数の原発を作ってしまいました。資源の乏しいわが国が、戦後の急成長を成し遂げるために、必要だったのかもしれません。まさに、女神と悪魔は同居しています。

そもそも、太平洋戦争でアメリカと開戦したのは、石油の入手を止められたからです。エネルギーを他国へ頼らざるを得ない国家の悲劇です。だからこそ、自国でエネルギー供給を実現しようとした原発は、太平洋戦争への反省でもあるでしょうし、理にかなっているとも見えます。

ところが、核エネルギーは、現在の人類の力量ではコントロールできません。核廃棄物の処理さえできません。放射能被害への対応(医療、環境復旧)さえできません。

原爆でそれを証明したわが国は、66年経っても何も変わっていないことを、身をもって証明しました。

では、私たちの思考の過程を検証しましょう。

石油依存は危険なので、脱石油として、原発があった。そして、原発依存は危険なので、脱原発として・・・

この思考をもう少し突っ込むと、「あなた、作る人。わたし、使う人」という構図が見えませんか?

東電、政府、原子力ムラを批判するとき、「私はどうなの?」という意識がありますか?

エネルギーの消費量が問題なのではありません。エネルギー消費を抑えたところで、問題の解決にはなりません。省エネ利権を増進させるのみでしょう。

エネルギーの供給を、誰かに一任し、依存することから生じる問題ではないでしょうか?

ここを解決しなければ、私たちが脱原発をしたところで、新興国は原発に頼らざるをえません。なーんにもなりませんよ、その努力。

放射能被害のエキスパートである私たちが、立ち上がらずしてどうなりましょう?

エネルギーは、私たち自身の問題とすべきでしょう。

だからどうすればいいのか。私もわかりません。でも、誰かに丸投げしてしまうのはやめたいと、痛感しています。

原発の責任を他人へなすりつけ、繁栄だけ享受したいと思っている私自身の、直視したくない学びです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ