平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[168]地獄と極楽もごっちゃになってまんがな

  

 

十王の話をご存知でしょうか?

日本の仏教では、宗派を問わず、死後、7日ごとに法事をいとなみ、7回目の7日、すなわち四十九日を区切りとします。あとは、百箇日、一周忌、三回忌(丸二年)です。だいたい、ここらへんで、故人への思いを精算します。

じょじょにお別れをしていく仕組みは、なかなか良くできたものだと思います。

ところで、この10回の区切り、十王がつかさどっているのです。
初七日(7日目)…秦広王
二七日(14日目)…初江王
三七日(21日目)…宋帝王
四七日(28日目)…五官王
五七日(35日目)…閻魔王
六七日(42日目)…変成王
七七日(49日目)…泰山王
百か日(100日目)…平等王
一周忌(1年後)…都市王
三回忌(2年後)…五道転輪王

なんと、35日目が、あの閻魔大王です。ほかの大王はなじみが薄いかも知れませんが、閻魔大王レベルの番人です。それはそれは、怖い方でっせ!

私たちが生きていたときの罪をあぶり出し、とことん責められます。7日ごとに、裁判があります。よほどの善人でもない限り、いろいろ思い当たることはあり、それを断罪されます。そして、地獄か極楽かが審判されます。

この10人の大王は、まさに地獄の入口に立つ門番です。

ところが、この10人の大王、正体は誰だと思います?

秦広王…不動明王
初江王…釈迦如来
宋帝王…文殊菩薩
五官王…普賢菩薩
閻魔王…地蔵菩薩
変成王…弥勒菩薩
泰山王…薬師如来
平等王…観音菩薩
都市王…勢至菩薩
五道転輪王…阿弥陀如来

怖い怖い門番の正体は、なんと、仏さんや菩薩さんです。閻魔大王の正体はお地蔵さまなのです。お釈迦さんや阿弥陀さんでさえ、地獄の門番に名を連ねているではありませんか。

さて、神や仏が、私たちの心の中にあるのなら、地獄も極楽も、心の中にあります。地獄と極楽は、別の世界ではなく、まさに私たちそのものであり、現実そのものです。

私たち自身や、私たちにとっての現実がすべてであって、それ以外の何者でもないということです。

仏と地獄が同じであることの意味は、私たちの現実に照らせば、大きな気づきをもたらしてくれます。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ