平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[174]学びのパラダイム

  

 

「何のために勉強するの?」

この質問、学校へ行かないといけない子どもたちにとっての定番です。あなたなら、どう答えますか?

「うるさい。屁理屈言うな。子どもは勉強するのが当然や!」というのが、おおかたの大人の定番の答えではないでしょうか。
「今はわからないかも知れないけど、あなたの将来に役立つのだよ」と煙に巻くかもわかりません。

では、お尋ねしますが、子どもの時の勉強は、今、あなたにどのように役だっているでしょうか?

私は、学校の勉強など無意味だと言いたいのではありません。じつは、学校の勉強は、すばらしいものです。ホームスクーリングを実践中の私が言うのも変ですが、たしかに、学校教育は、すばらしいです。残念なことに、そのすばらしい教育を受けながら、それを活用できていない人が多すぎます。

わが家は、ホームスクーリングをしつつ、学校教育をおおいに参考にさせて頂き、多くの部分を取り入れています。じゃあ、なんでホームスクーリングなんだ、というと、学校教育を存分に生かすためだと言えなくもありません。変なパラドクスですね。

学校教育は、「学校」という建物やシステムが必須なのではありません。あくまでも、教育の体系なのです。

「学び」に3つの動機を考えます。

(1)「なぜ学ぶのか?」
(2)「どのように学ぶのか?」
(3)「何を学ぶのか?」

学びの根本であり、まさにこれこそが、「何のために勉強するのか?」という問いへの答えでもあります。

ところで、この問いをみて、何か感じませんか?

(1)Why 「なぜ?」
(2)How 「どのように?」
(3)What 「何を?」

そう、5W1Hの一部ですね。

残りはと言うと、

When 「いつ?」
Where 「どこで?」
Who 「誰が?」

残りの3つを規定するのが、学校教育の形式であり、義務教育の形そのものです。

日本では、

When 「学校教育が定める学年のとおりに」
Where 「学校教育が定める学校において」
Who 「学校教育が定める該当者(つまり子ども)が」

となります。

ところで、学校教育に対する概念として、生涯学習があります。

生涯学習においては、

When 「いつでも」
Where 「どこでも」
Who 「だれでも」

となります。

つまり、学校教育と、生涯学習、あるいはオルタナティブ教育との違いは、When、Where、Whoの枠組みが違うだけです。学びの根本たるWhy、How、Whatはどんな学びであろうと、変わりません。

現状で、学校教育が行き詰まっているように見えるのは、Why、How、WhatをWhen、Where、Whoが凌駕しているからです。学歴重視は、まさにWhy、How、Whatを見失うことにつながります。そして、HowとWhatは、Whyに密接に関わっているのです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ