平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[192]学びの3条件を1つに

  

 

学びには、3つの条件があると、前回書きました。

1. 決めたこと・決められたことをひたすら続ける
2. 主体性をもって取り組む
3. チームワーク

これらを端的な表現で言うと、こうなります。

1. 精進
2. 主体性
3. 貢献

精進とは、しょうしょう古くさく聞こえる言葉です。かつては美徳とされたものが、今は見捨てられています。丁稚奉公、石の上にも三年。古くさい道徳ではありません。お手軽な成功などあり得ません。永遠の美徳です。

主体性は、日本人が、とくに苦手とするものです。他を尊重しつつ、自分のアイデンティティをしっかりもつこと。

貢献も、日本人が苦手とします。自己犠牲の奉仕ではありません。他へ尽くすことによって、自分自身も良くならねばなりません。

日本人は、第二次世界大戦で、アジア諸国へ多大なご迷惑をおかけしたと、自ら考えがちですが、東南アジアの国々では、そうではない意見も見かけます。

とくに、マレーシアのマハティール元首相は、「ルックイースト政策」を打ち出し、日本を見習えと、国民にハッパをかけました。彼の主張をよく見ると、次のような点で日本を評価しています。

1. 明治時代、後進国だった日本が短期間で国を強くした。
2. 東南アジアの国々は欧米の植民地であり、抵抗ができなかったが、アジアの一員である日本は日露戦争で欧州の強国に勝った。
3. 太平洋戦争で、日本は最強国であるアメリカに挑み、当初は善戦した。
4. 戦後の焼け野原から、短期間に世界第2位の経済大国へ。

なるほど、日本人である自分が書いていて、武者震いするほどの成果です。日本が、アジアの国々に、「Yes, we can!」という希望を与え続けたという一面もあるのですね。

しかし、少なくとも、戦争によって、日本は幸せにはなれませんでした。経済的な成功も、私たちに幸せをもたらしたのかどうか、微妙です。そしていま、私たち日本人は、道を見失って、迷っています。

マハティールさんが評価しているできごとは、精進と貢献によるものです。しかし、その貢献は、多大な自己犠牲を伴うものであり、真の貢献ではありません。

私たち日本人に足りなかったものは、なんでしょうか? 主体性と、真の貢献です。

学びの3条件をバラバラで実践することは、いっけん成功を得たようでも、真の成功にはなりにくいです。では、3条件を、同時に実践するとは、どういうことなのか。

「私たちはどう生きたいのか」というゴールを明確に持つことです。具体的な目標とは違います。「いくら稼ぎたい」というような話ではありません。「どのように生きたいか」です。

それを、ミッションと言います。

ミッションが、強ければ強いほど、精進、主体性、貢献は、意識せずとも、備わってきます。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ