平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[239]すべての人が望むこと

  

 

人間の苦しみや悲しみや不安や怖れといった「問題」は、じつに多様です。

とはいえ、それらは意外と単純ではないかとも思えます。もちろん、物理的な方法で解決しなければいけない問題も多くあります。でも、ある1つのことが、もっと根本にあり、それさえ解消されれば、問題のいくらかの部分、あるいはかなりの部分、もしかするとほぼ全てが解決したも同然という状況が生まれます。

私がそのことに気づいたのは、マーケティングの勉強をしていたときです。

商品を売るには、セールスが必要で、お客様に情報を伝え、購買行動に導くことになります。ノウハウとしてはそうなのですが、それよりもっと大事なことがあると、いたるところで強調されています。

それは、お客様の声をとことん聞き、お客様の問題(感情)を深く理解することです。

それはそうなのかもしれません。相手が欲しがらないものを無理に売ろうとするなら、押し売りにしかならないでしょうし、売られる方からしたら、迷惑です。でも、買うことで幸せになれるという買い物もあります。

人は、モノに対してお金を払うのではない。感情の変化に対してお金を払うのだと、ジェームススキナーさんが言っています。感情の変化が生じるような購入は、「私が理解されている」という場合です。

7つの習慣でも、「理解してから理解される」ことの重要性を説いています。ドラッカーも、『マネジメント』で、顧客を定義することを出発点にせよと言っています。顧客の定義とは、理解すべき相手の特定です。

ビジネスとは、商品やサービスを「提供する」ことだと思っていましたが、そうではなく、「お客様を理解する」ことなのだと考えた方がいいのかも知れません。矢印の方向が逆なのです。商品やサービスは、「あなたを理解しましたよ」ということの証に過ぎないのかもしれません。すると、対価、つまりお金は、理解してもらったことへのお礼なのかもしれません。

こういう目で見ると、世の中、何を見ても、この仕組みが成り立ちそうに見えます。

人間、話したい人はたくさんいますが、聞きたい人は少ないです。自分をわかってもらいたい人は、あふれかえっていても、他人を理解しようとする人は、まれです。そこに、問題が生じるのではないでしょうか。

じっさいのところ、傾聴だけで大きな問題があっさり解決したという、奇跡のような話は、数多くあります。コヴィーさんの『7つの習慣』に次ぐ名著『第3の案』には、そのことがぎっしり描かれています。

どんな文学作品でも、神話でも、昔話でも、相手を理解した時に、感動や問題解決が生じていることに気づきます。

自己啓発も、成功哲学も、心理学も、同じことを言っています。

価値とは、ここにあるのではないでしょうか。

人はだれもが、理解されたいと望んでいます。それが満たされないことで、種々の問題が生じます。理解されたら、問題の多くは、解決が見えてきます。

自分の人生を生きるとは、「私を理解して頂く」ことなのかも知れません。しかし、「私を理解して頂く」ことは、蜃気楼です。なぜなら、「私を理解して頂く」ことは、「あなたを理解する」ことと同義だからです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ