平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[240]理解することと、理解されること

  

 

人は誰でも、理解されたがっています。もしかすると、理解されることが人生の目標なのかもしれません。何を理解して欲しいかというと、「私の心の中」ですね。「私の心の中」を一番わかっていないのは、私自身かもしれませんが。

人は誰でも、自分を理解してもらおうと、努力をしています。

お金もそうかも知れません。お金があると、人は私を見てくれます。理解してくれそうに思えます。
モノを持つことも、同じかも知れません。権威もそうかもしれません。
暴力をふるうことも、そうかもしれません。暴力を受けた側は、私を見てくれます。望むような理解はしてくれないでしょうが。
すねたり、嫉妬したりするのも、そうかもしれません。理解して欲しいと、訴えているのでしょう。
社会や他人への貢献も、そうかもしれません。理解されることを望んでいるのでしょう。
宗教に深く入る人は、神様や仏様に理解されることを望んでいるのかも知れません。
「どうせオレのことなんか、だれもわかっちゃいない」と自暴自棄になる人は、よほどわかって欲しがっているのかも知れません。

およそ、人間の行動で、「理解して欲しい」という欲求に基づかないものなんて、あるのでしょうか?
私には見あたりません。

しかし、理解されたいという欲求が満たされることは、か・な・り・難しいです。もしかすると、一生実現しないこともあります。

なぜ、そんなにも難しいのでしょうか?

その理由をさがすことは、容易ではありません。分析的、科学的な方法でどうにかなる命題ではないからです。

多様性を統合する、つまり、俯瞰するという方法なら、どうでしょう?

ドラマでも、物語でも、現実の体験でも、「理解された」という場面を検証してみましょう。なぜ、「理解される」という現象が生じたのでしょうか。

理解されよう、理解されようといくら頑張っても、理解されることはありません。むしろ、なおいっそう、理解されなくなっていきます。

反対に、他人を理解しようと一生懸命になったとき、知らぬ間に自分も理解されています。こういうシーンは、感動的です。

人は、どうしても逆に考えて行動しがちです。

欲しいものを手に入れようとものすごく苦労しますが、先に相手に与えることで、容易に手に入れることが可能です。相手に与えることは、自分のものが減るように感じます。お金でもモノでも心でも行動でもそうですね。

自分より先に他人が欲しいものを手に入れてしまうと、「なんであんな奴が!」とか「負けてたまるか」とか、「邪魔してやれ!」とか、思ってしまいませんか?

そのまま突っ走っても、うまくいきそうにないことは、想像できるでしょう。

私たちが抱える問題のいくらか、というか、多くは、いや、もしかするとすべての問題は、ここらへんに根本原因があるのかも知れません。

自分と他人は違う存在だと思ってしまうこと。そのために、逆のことをやってしまうこと。つまり、世界と一体になるという原理との乖離です。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ