平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[244]入試(受験)の極意

  

 

すべての人間の望みは、理解されることなのだ。そういう目で見ると、他人の言動や社会の出来事は、理解しやすくなります。そしてまた、世界そのものも、理解されることを望んでいるのではないかと仮定してみると、自然や数学や科学も理解しやすくなるのでしょうか?

私はYESだと思います。これは、ぜひ、皆さんが、試して実感してみてください。

ところで、こういう話なら、受験勉強にも適用できるのではないか、という声がでそうですね。

『新釈現代文』という受験参考書をご存知でしょうか。昭和34年に出版された本で、しかも176ページと、薄い本です。じつは、超難関大学受験生に必須のバイブルとされ続けています。一般の高校生に広く需要があるわけではないため、一時期絶版となりました。その間、古書で7万円程度の値が付いていました。この本無しに受験に臨めないということでしょうか。

今は、ちくま学芸文庫から復刊されており、1155円で入手できます。古書の価格も暴落し、過去の新塔社版も安価に入手できます。

ところで、新釈現代文がなぜそんなにも、受験参考書としては異常なほど超ロングセラーを維持しているのでしょうか。

よほどの秘密があるに違いありません。そこで、前書きを見ると、いきなりこの文で始まります。
「この本は、結局『たった一つのこと』を語ろうとするものです」

そして、その1つのことは、第三章で明かされます。
「それは、一言にして言えば『追跡』ということです。どこどこまでも筆者を追跡するという方法です」
「筆者は一体どんな問題を、どのように説くのであろうか。私は一体、『どこからどこへ』連れてゆかれるのであろうか。出発した以上、もうわれわれは恐れたり、引返したりは出来ません。どこへでも、どこまでも、筆者とともに行くほかありません。その文の最後の一行の終るところまで」

大事なことは、たったこれだけです。たったこれだけのことを身につけるために、えんえんと受験勉強を続け、難しい試験に挑戦するのです。

そしてこれは、「理解すること」そのものではありませんか。書物といえど、人間です。相手を素直に理解する。自分の考えや意見や主張や感想を、とりあえず置いておいて、理解する。

よく、本のレビューで、「この著者はわかっとらん」とか「この著者は間違っている」などという記述を見かけますが、これは、理解しているのではなく、自分を理解させようとしています。

親兄妹であろうとも、自分とまったく同じ考えであるはずはありません。違うからこそ、学ぶのです。理解するのです。そして、これこそが、最も大事なことであり、最も難しいことであり、最もシンプルな原理なのです。

もうひとつ。

『東大のディープな日本史』という本があります。東大の2次試験の日本史の入試問題を取り上げ、受験参考書でなく一般書として書き上げたユニークな書です。

その前書き。
「とにかく、東京大学の日本史の入試問題が、たまらなく面白いのです」
「『東大日本史』の面白さを一言で言えば、自明に思われる歴史の見方・考え方に揺さぶりをかけられる、ということにあります。問題で与えられた資料文を丹念に読んでいくと、思いもよらなかった、しかし、突き詰めて考えればそのような結論になる、歴史のストーリーが描けるのです」

日本の最高学府は、理解することを求めています。

とはいえ、東大卒業生が他人をよく理解できるかというと、いちがいにそうでもなく、やはりこれは、大事なことであり、難しいことでもあります。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ