平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[251]創造と、引き寄せの法則

  

 

『ザ・シークレット』で世界的にブームを引き起こした引き寄せの法則。

欲しいものや実現したいことを具体的にイメージし続ければ、必ず実現するというものです。スピリチュアルで、精神世界や神秘主義のにおいがプンプンただよい、毛嫌いしたくなる人たちも少なくありません。かたや、熱心にのめり込んでいく人たちも数多くおられます。

引き寄せの法則は、新しい発見でもなく、秘伝でもなく、神秘でもなく、珍しいことでも不思議なことでもなく、世界中で昔々から慣れ親しんできた、最もメジャーで、最も人類に普遍の、最もありふれた人生哲学ではないかと、私には見えます。

そのいっぽうで、引き寄せの法則は、人類にとって、最も実行が難しく、最も信じたくない人生哲学でもあります。それは、人類にとって、最も有効な真実だからなのかもしれません。

引き寄せの法則という名前で呼ばれなくとも、このような原理は、ナポレオンヒルの『思考は現実化する』や、スティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』を初めとする数多くの成功哲学やビジネス書で、あまりに語られすぎています。

マクスウェル・モルツのサイコサイバネティクス理論も、引き寄せの法則です。プラス思考もそうです。最近の脳科学や心理学や精神科学の進歩は目を見張るものがありますが、それらの成果は、引き寄せの法則を示しています。

世界には数え切れないほどの宗教や信仰がありますが、その多く、いや、おそらくすべては、引き寄せの法則を語っています。

世界各地には色とりどりの神話がありますが、多くの(あるいはすべて)神話は単純なパターンを踏んでいると指摘したのは、ジョゼフキャンベル。彼の理論では「ヒーローズ・ジャーニー」と呼ばれます。ヒーローズ・ジャーニーも、引き寄せの法則そのものです。世界の映画は、ほとんどがヒーローズ・ジャーニーのパターンで作られているとされています。

文学作品、ドラマ、伝説、昔話なども多くが引き寄せの法則を指しています。

発見や発明は、引き寄せの法則の結果です。

偉人たちの業績は、引き寄せの法則によるものです。

私たちが、平凡な人生において、幸せを感じる場面は、引き寄せの法則が働いたときです。

こう言ってしまうと、「引き寄せの法則」について、大風呂敷を広げすぎではないかと批判を受けそうですね。『ザ・シークレット』で席巻した引き寄せの法則は、多くの人がマネをして失敗したではないかと言われそうです。

引き寄せの法則が、最もありふれた人生哲学でありながら、多くの人が困難を感じ、信じたくないと思うからくりが、そこにあります。引き寄せの法則には、人が容易に踏み込めない領域があります。そこに踏み込まずして法則を使おうとすれば、失敗するのは目に見えています。

しかし、世界が抱える困難な問題への解決は、その領域へ踏み込むことを求めずにいられません。引き寄せの法則は、現実に、私たちが幸せな人生を生き、さまざまな困難や問題を解決していくための、唯一の王道だと考えています。王道といっても、特殊な道ではありません。どんな境遇のどんな人間でも、だれもが、どんな場面でも、使うことのできる法則です。魔法のようなものではなく、人間が生きること、そのものです。

では、次回、「大風呂敷」の視点で、引き寄せの法則を検証してみます。大風呂敷とは、まさに俯瞰の目のことです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ