平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[264]私の立ち位置

  

 

特に21世紀に入ってから、世の中が加速して狂いだしたと感じている人は多いでしょう。

最近では、原発、消費税、官僚利権、TPPなど、国民に多大な影響を与えるテーマが、なし崩し的に進められていることは、少なくとも戦後の日本の歴史においては見られなかったことではないでしょうか。

その他、社会保障の削減、年金の崩壊、学校教育の問題、子どもを持ち育てることが罪悪ではないかと思えるほどの風当たりの強さ、ワーキングプア、田舎の衰退と崩壊・・・

あらゆる問題が一気に加速しています。

私は、都会で生まれ、田舎で暮らしています。田舎は今、消滅に向かって危機的状況が加速しています。私は、田舎で暮らさなければいけない理由などありません。田舎に住んでいるのは、自らの選択です。田舎がダメなら、都市で暮らすことが容易に選択できるのに、あえて、田舎で暮らしています。

日本、いや、世界中の先進国がだいたい共通して抱えるこのような問題に対し、会社や国家へ依存せず、自分のスキルで自由自在に稼ぐことが可能になれば、上記のような問題は、本人とその家族にとっては、あまり影響がなくなります。

じっさい、そのように「現代的成功」を獲得しつつある若者たちが増えています。

彼らに見られる特徴は、だいたいこんなところです。

・学歴はいっさい無関係
・もともと持っていたスキルや環境は無関係
・なんらかの厳しい状況を経験している
・「捨てる」ことをためらわない
・肩書きや立場には無頓着
・インターネットを上手に使う

こういう類の人たちは、20世紀にはまず見られなかった生き方です。住む場所に縛られない「ノマド」もその一環です。人間の能力を制限する「虚構」を取り払います。どんな人でも、どんな生き方でもできる。

私は、彼らを称讃したいと思います。彼らが新しい時代のキーパーソンになり得るかもしれません。

じつは、私自身が、彼らのような生き方を、私自らすべく、努力した時期があります。

ふと感じました。仮に、私が「現代的成功」をおさめたとします。社会の問題は、私にとってどうでも良いほど小さくなります。そして、そのような「現代的成功」者を増やす努力をします。で、その結果、どうなるだろう?

私が周囲を見渡して感じるのは、こういう人々があまりに多い。

・学歴は人生を決める
・もともと特殊なスキルや環境を持っていないと何もできない
・安定こそ重要である
・何があろうと、過去を捨てない
・肩書きや立場は重要である
・インターネットはあまり得意ではない

田舎には、典型的にこのような人たちが多いです。私にとって、彼らは、恩人であり、愛すべき隣人です。私がすばらしい妻と4人の子どもたちに恵まれ、何の不服もない幸せを享受していられるのは、国家のおかげである以上に、地域の方々のおかげです。

1992年、何も持たず、どこの馬の骨ともわからぬ私を温かく受け入れていただき、今日までともに生きてくることができました。

隣人たちもみなが、現代的成功をおさめられるなら、私も突っ走ろう。または、私が現代的成功をおさめることで隣人たちがみな救われるなら、それもよい。でも、果たして、そうなるだろうか。

私が地域の人々を救うなどと考えるのではありません。

ただ、私は、わが家を守り育ててくださった方々への思いをどうしても振り切ることができないのです。まあ、古い人間なのでしょう。そして、妻も子どもたちも、私の「古典的な価値観」に全面的に賛同し支援を表明してくれています。

かといって、私は、家族を犠牲にする気はありません。さて、いったい・・・

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ