平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[268]力の源泉

  

 

人類の歴史で、なんらかの創造を成し遂げた人、道を拓いた人は、おおぜいいます。

とはいっても、そういう人は、社会の中にあってはまれで、変人扱いをされてきました。「彼ら」が偉大であるのは、結果的に成果が出たからであって、成果が出るまでは、理解不能な変人です。

というのも、成果が出るまでは、不遇の日々をかなりの期間、過ごしているからです。その期間に、いくら嘲笑されようとも、くじけません。不遇の日々をまっすぐに歩き通した者にのみ、成功が許されるのです。

そのことを知って、私には2つの疑問がありました。
1. なぜ、彼らには耐えられて、凡人には耐えられないのか
2. 不遇の日々を耐え続けて破綻してしまうことはないのか

まず、第2の疑問ですが、私が調べた限りでは、そのような実例はみつかりません。ただし、ある条件を満たしたときだけです。その条件を満たしていなければ、破綻もあり得ます。その条件とは、第1の疑問に対する答えでもあります。

つまり、1つの条件を満たす限り、どんな試練にも耐えられるし、破綻することもない、と言えます。私にはその証明ができませんが、そうでない実例が見つかりません。

その1つの条件とは、「私はどう生きたいのか」を知っていることです。

なんだ、そんなことかと、がっかりされたでしょうか? あなたは、あなたがどう生きたいかを知っていますか? たぶん、即答できないでしょう。だったら、あなたは知らないのです。

自分がどう生きたいかを知らずに何かを成し遂げることはあり得ません。成し遂げる「何か」とは、自分が生きたい人生のことです。そうではない何かを成し遂げたところで、それはどうでもいいことです。

あなたが生きたい人生は、あなたにしかわかりません。神様とか超能力者とか占いとか、そういう超常的な存在に教えて欲しがる人は多いです。または、師匠とか友人とかに教えて欲しがる人もいます。

あきまへん。

それは、あなたの人生ではありません。あなたは、あなたであって、他の誰でもありません。

私は、あなたがあなたの生きたい人生を見出すことが最も大事だと知っていますが、あなたの生きたい人生がどのようなものであるかを知ることはできません。

これを見出した人は、無敵です。だって、生きたい人生を上回るものは、何もありませんから。当然ながら、何事にも耐えられます。だから、破綻などありません。破綻するのは、人生を見失ったときです。

自分が生きたい人生のことを、私はミッションと呼んでいます。目標や目的とは違います。具体的なものでもありません。これさえ達成できれば何も言うことなし、と得心できるものです。

さて、そのミッションですが、どうやって見出したらいいのでしょうか?

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ