平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[269]ミッションを見出す

  

 

「私はどう生きたいのか」を知れば、人生は無敵です。

よくよく間違えないで頂きたいのですが、自分以外の誰か(神様を含めて)に「私はどう生きたらいいか教えてください」なんて、尋ねないことです。絶対にダメです、それは。「私はどう生きたいのか」が無敵である理由は、自分の人生を自分が手にするからなのです。手にするために誰かに依存しては、しょっぱなからこけています。

世界中の人々と助け合い、手を取り合って生きることは非常に重要ですが、そうするためには、自分が自分の人生を生きていなければなりません。依存しつつ協力し合うことも貢献することも不可能です。依存から生じるのは、収奪だけです。

依存と助け合いの違いは、「私はどう生きたいのか」を持っているかどうかです。自分の人生を生きているかどうかです。

「私はどう生きたいのか」を私はミッションと呼んでいます。

ところで、いったいどうやって、自分のミッションを見出せばいいのでしょうか?

人間は、生まれてから死ぬまで、どこでどんなふうに生きようとも、1つの連続した人生です。生まれたときから、「私はどう生きたいのか」を一貫して、持っています。なぜそのようなミッションを持って生まれてくるのかは、わかりませんし、証明することも不可能です。

しかし、人間の尊厳とか、人権とか、平等とかがあるとするならば、どんな人間もミッションを持っていることにおいてではないでしょうか。

人間がミッションを持って生まれてくるというのは、私が発見した真理ではなく、世界中の物語や偉大な人々の言葉に表されています。そもそも、すべての人間がミッションを持って生まれてくるという真理を否定するなら、人類の叡智は、あらゆるものが幻のように消えてしまうでしょう。

であるなら、あなたが生まれた直後でない限り、あなたにはあなたのミッションを知る手がかりがあります。

それは、あなたの過去です。

これまでの人生で、迷うことなく選択してきたものがあるはずです。
どうしても許せないもの(人)があるかもしれません。
どうしても気になって仕方がないもの(人)があるかもしれません。
後悔し続けていることがあるかもしれません。
同じ失敗を繰り返してしまうことがあるかもしれません。
あることにだけ、夢中になれるものがあるかもしれません。
自然と導かれるように開かれた道があるかもしれません。
あることに関しては、上手にできるかもしれません。

なにかしらのこだわりや引っかかりが、あなたのミッションに関係している可能性があります。それらを思い起こし、つないでみると、何かが見えてきませんか?

あなたは意識しなくとも、自分のミッションを踏まえた人生を生きているはずです。ミッションとは、あなたに最大の幸福をもたらすものです。それはそうでしょう。「私はどう生きたいのか」を実現する以上の幸せがあるわけありませんから。

しかし、ミッションと、目標や目的やビジョンは違います。ミッションはミッションであって、それ以外の何者でもありません。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ