平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[283]創造を最も効果的にできそうな人々

  

 

近代文明を生きる私たちにとって、創造とは、とてつもなく難しいことのように感じられます。でも、人類の歴史で、創造的な偉業を成し遂げてきた人たちは、けっして特別な人ではなく、ごく普通の人たちです。

唯一、私たちとの違いは、「自分の無限の可能性を信じているかどうか」に尽きそうです。このことはすなわち、「世界を救うというミッション」を持てるかどうかと同じことのようです。

自分の無限の可能性とは、自分一人の力でなんでもできるという意味ではありません。多くの人々の力を相乗効果として使い、世界を今より良いものにしていくという意味です。だからこそ、「世界を救うというミッション」と裏表の関係にあります。

人間一人で何事かを成し遂げられるわけではないので、そもそも自分にどんなスキルがあるかとか、どんな環境に恵まれているかなどという条件は、無意味です。

何の変哲もないただの人が、小さなきっかけを作って、あれよあれよという間に、相乗効果を発揮して、偉大な業績を成し遂げてしまったという実例は、枚挙にいとまがありません。

さて、創造を成し遂げるに最も近いのは、どんな人たちでしょうか?

世の中の多くの人は、エリート、あるいは「選ばれし人々」だと答えそうです。

私は、逆だと思っています。

社会から疎外されているような人々、どうしようもない難問を抱えている人、どうすることもできないと自他ともに思っている人。いっけん、創造から最も遠そうに見える人たちこそ、創造に最も近いのではないかと、私には強く感じられてなりません。

彼らは、1人の人間の力では何もなし得ないことをよく知っています。
彼らは、何もないので、「今、目の前」にフォーカスするしかありません。
彼らの問題は、多くの人々に共有されています。
彼らの問題は、個人的な欲望とは違うところにあります。
彼らは、その問題を解決しない限り、未来がありません。

しかし、彼らは、誰かに支援してもらわないとどうにもならないと思っています。
他の人々も、彼らを支援してあげなければと思っています。
それは、彼らを上から目線で見おろしているかもしれません。
彼ら自身は、そうは感じず、感謝しているかもしれません。
そのことが、問題を固定化しているかもしれません。

私たち人間には、さまざまな「違い」がありますし、そのことが多様性をつくっています。が、その違いは、じつはあまりたいしたものではなく、表面的な、ささいなものに過ぎません。

多様性とは、成長に不可欠な要因です。
成長とは、現在を破り、変えることです。
誰がそれを為すのか。
現在の世界から最も疎外されている人々に他ならないのではないでしょうか。

創造とは、暴力ではありません。世界中の人々に感動と幸せをもたらすものです。

私が作りたい「インターナショナルスクール」は、このような趣旨のものなのです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ