平凡な人が、創造の力を使って、人生を変えるプロジェクト

モモナナじぇーぴー

メイン
創造の力

創造の力

[349]これからなされる価値の創造

  

 

ものづくりがしづらくなってきた先進国では、新たな価値を創造しなければやっていけません。

そのとき、マズローさんの5段階(+1)の欲求モデルでいうと、モノが提供できる価値は1〜4です。

1. 生理的欲求(Physiological needs)
2. 安全の欲求(Safety needs)
3. 所属と愛の欲求(Social needs / Love and belonging)
4. 承認(尊重)の欲求(Esteem)
5. 自己実現の欲求(Self-actualization)
6. 自己超越 (self-transcendence)

すると、新たな価値とは、5か6ということになります。

5も6も、「自己」ということばで語られていますが、自己とは、「私」が主体となる言葉ですが、私が他者(世界)へ働きかけることを言います。自己実現は、自分が望むような人生を生きることですが、自分を中心に考えて生きられる人生ではありません。どうしても、世界との関わりの中で、自分がなんらかの価値を創り出していくことにしかなりません。つまり、「受けとる」よりも「与える」ことを主に考えて生きることなのです。

自己とか自分とかいう言葉は、誤解されやすいです。私を中心に据えることだと思われがちです。主体性とは、私を中心に考えることだと誤解されがちです。私を中心に考えるなら、すでに私が何かをなすことはできなくなり、誰かに依存せざるを得ません。私を中心に考えることは、すなわち依存なのです。

自立とか主体性とかいうマインドは、世界を中心にした視点での「私」なのです。だからこそ、思うような人生を歩めるのです。世界を中心とした視点は、つまり、それが現実の姿なのです。残念ながら、世界は私を中心には回っていません。そんなことは、だれでもわかるはずです。なのに、自分を中心に考えようとするのは、じつに奇妙な話です。

マズローさんが晩年に示した「自己超越」というスピリチュアルがかった概念は、世界と私が一致した状態だと思います。つまり、究極の現実です。

人間は、なまじっか知恵があるため、現実から離れようとしてしまいます。そうではなく、知恵でもって現実を生きることが、最も幸せであり、最も「自己」を強く持てるのです。

さて、では、21世紀を生きる私たちが、これをもとに、どのような価値を創り出していけばいいでしょうか。

1や2の、人間の尊厳以前の欲求が脅かされている人々が、世界にはおおぜいいます。3や4で悩み苦しむ人々も多いでしょう。5や6は、1〜4で悩み苦しむ人々へソリューションを提供することにほかなりません。現実を生きるということは、そういうことなのです。

どのような偉大な人々も、そのように生きてきたはずです。

世界は無限に多様です。人間の欲求や悩み、苦しみも、無限に多様です。私がいかに非力で小さな存在であっても、かならず、解決可能な問題があります。

偉人たちの言葉や人生をよく分析すると、私が抱えている問題そのものが、じつは他人へのソリューションを産み出すのです。私の問題が大きければ大きいほど、より大きなソリューションを産み出せるはずです。しかも、私にとって「どうにもならないこと」そのものが、他人を救うのです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ