世界を救うというミッションをもって、今、目の前にフォーカスする

モモナナじぇーぴー

メイン
どたんば哲学

どたんば哲学

[045]世界へ

  

 

アフィリエイトやドロップシッピングで成功し、稼いでいる人たちも少なくない。ブームは去ったという声もあるが、それでもなお、やっていけている人たちがいる。1つの方法で全員が成功するというのは非現実的だ。だから、話題になって、多くの人がアフィリエイトやドロップシッピングに取り組んで、ほとんどが成果をあげられず撤退しても、一部の人は成功する。ごくごく当たり前のことだろう。

じゃあ、成功するかどうかを分けるのは、何だろう?

スキルの有無を多くの人は要因として考えるようだが、成功する人がだいたい共通して言うのは、スキルはほぼ関係なく、継続の有無だ。成功する人も、いきなり成果をだせることはあまりなく、不毛の時期を耐えて乗りきり、成果を出していくという。これも、当たり前のように見える。

じゃあ、継続できるかどうかを分けるのは、何だろう?

根性だろうか? 精神力だろうか? 人徳だろうか?

腑に落ちない。

誰でも、あることは継続できるが、他のことは継続できないというものがある。私は、「今、目の前」かどうかが、分かれ目ではないかと思っている。自分の、今、目の前でないことがらは、どんなに魅力的であっても、続かない。いかにスキルがなくても、自分の興味にあわないように見えても、「今、目の前」に合うことであれば、意外と継続していける。

逆に言うと、「今、目の前」でないことに取り組んでも、まず、ものにならないだろう。

必ずしも、具体的な形を持つ「今、目の前」でなくてもいい。自分のこれまでの経験やスキルの延長上にあるか、縁があるか、関わりがあるか、そういったことでもいい。

私たちにとって、アフィリエイトやドロップシッピングは、インターネットを使うということ以上に「今、目の前」ではなかった。

さて、2010年1月、初めて目にした個人輸出。

そんなもの、簡単にできるのだろうか?

eBay(イーベイ)という世界のオークションシステムを使うらしい。ヤフーオークションはわが家でも使っている。オークションがどんなものであるかはよくわかる。ヤフオクは利用者500万人であるのに対し、eBayは2億人? 商品点数もけた違い? 世界中の人が出品し、世界中の人が落札する?

なにそれ?

地域が衰退し、私たちが苦しくなっていくのは、世界で起きている構造の変化が原因だ。日本の政治や不景気に主な原因があるのではない。

まさに、私たちにとって、「今、目の前」ではないか!

すべては英語で行われる。eBayへの登録も、eBayからの連絡も、出品も、取引も。

言葉の問題もそうだが、日本人以外と取引することは、怖ろしい。どんな落とし穴があるかわからない。わけのわからないトラブルがあったらどうしよう? 自分に解決できるだろうか? 外国人と取引なんか、できるんだろうか? しかも、売る立場であれば、責任も重い。

しかし、わが家は、副業をつくっていくことができなければ、間違いなく行き詰まる。

リスクを感じるなら、それが正解だ。行くべきだ。

ありがたいことに、日本人がつくっているマニュアルがあった。書籍程度の価格だった。迷わず購入した。

日本語で、画像付きで解説されているので、すんなりeBayへの登録ができた。

わからないのが、paypal(ペイパル)。

違う通貨との決済には、paypalという仕組みを使う。いわば、電子マネーだ。クレジットカードを登録しておき、paypal残高が足りないときは、クレジットカードから引き落とされ、残高があれば、残高から支払われる。通貨ではないので、貯蓄はできない。残高が増えてくると、自分の銀行口座へ円として移せる。電子マネーなので、通貨の違いは問題ない。単にレートで置き換えるだけだ。支払を受けとる側が、3.6%の手数料を払う。

理屈は理解できるが、実際どんなものか、使ってみないとわからない。

そこで、eBayとpaypalに登録完了後、$1〜$3の商品を4つ、即決で購入してみた。送料もかなり安い。購入ボタンを押したら、自動的にpaypalの支払画面に移った。送料も自動的にセットされており、確認してOKを押すだけだ。eBayとpaypalは一体化している。

ヤフオクなら、こうだ。
(1)「いますぐ落札」ボタンを押す。
(2)お互いの連絡先を伝え合う。
(3)送料を計算して伝える。
(4)振込先を伝える。
(5)落札者がネットバンクにログインして振り込む。

eBayならこうだ。
(1)「Buy It Now」ボタンを押す。
(2)paypalのOKボタンを押す。
送付先は、eBayが自動的に出品者へ伝える仕組みだ。

なんと、ほんとうに商品が届いた。中国人から買った商品は、その中国人の対応がとても良かった。先入観、破れたり!

ほな、こんどは、こっちから出品やで〜!! いっくでぇ〜!!

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ