「引き寄せの法則」の原点を読み解く

モモナナじぇーぴー

メイン
ウォレス・D・ワトルズ

ウォレス・D・ワトルズ

[015]引き寄せの法則は現実的である

  

 

前回まで、ウォレス・D・ワトルズの"The Science of Getting Rich"(金持ちになるための科学)について、見てきました。

100年間封印されてきたこの書に説かれた「引き寄せの法則」を世に知らしめたのは『ザ・シークレット』の著者、ロンダ・バーンさんです。彼女の偉大な業績に感謝します。

同時に、ロンダ・バーンさんが、引き寄せの法則の素晴らしさを強調するあまり、引き寄せの法則を誤解する傾向が見られるのは残念です。

それは、「思いが実現する」という部分だけ取り出した精神世界的な解釈です。これにして反発や異論が噴出するのは当然です。引き寄せの法則を説いたワトルズさんは、そんな安直なことを言ってはいません。ロンダ・バーンさんも、正しく理解されていたからこそ、あのように大きな結果を出せたのでしょう。

人間は、苦労せずに結果を得たいと誰もが望みますし、そのような奇跡か魔法が(いかにばかげているとしても)もしかしたらあるかもしれないと信じたいものです。

「思うだけで実現する」などという「法則」は、あり得ません。この法則を発見したワトルズさんが言っていないことを、後の世の人たちが勝手に解釈して夢想しているだけです。

引き寄せの法則は、正しくは、「思いは行動によって実現する」のです。

そうです、「行動によって」の部分が欠落してしまっているのです。

私たちは、物理空間に生きているので、物理的な行動によらねば、物理的な結果を手にすることはできません。

それなら、「引き寄せの法則」などと仰々しく言わなくても、普通のことではないか、という声が聞こえてきそうです。

それは違います。

「どうせダメだ」「こんなことが実現するはずない」「自分には○○がないからダメだ」「成功するのは天才だけだ」

私たちは、こういう考えをしがちですが、この考えは間違いです。
自分の意思や行動が関与できるテーマで、創造と繁栄に向かうものなら、まずどんなことでも、実現可能です。スキルや資金や知識や肩書きや環境がないとできないものではありません。

実現していくための経路が見えていなくてもかまいません。

必要なのは、2つ。
1. それを自分が何としても手に入れたいと強い思いを抱き、間違いなく実現できると信念を持つこと。
2. 実現するまで行動し続けること。

行動と言っても、超人的なものが必要とされるわけではありません。今、目の前で最善を尽くすこと。それをできない人は誰一人としていません。

上の1と2は、誰もができることです。これにより、どんな思いも実現できます。それが本当の引き寄せの法則です。

しかし、私たちは、思いも信念も持たず、行動もしません。そして、様々な問題やストレスを抱え、つらい思いをします。そして、次から次へと、幸せをあきらめていきます。

これは良くない。本当に良くないです。

今こそ、引き寄せの法則を皆が使うべきです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ