「引き寄せの法則」の原点を読み解く

モモナナじぇーぴー

メイン
ウォレス・D・ワトルズ

ウォレス・D・ワトルズ

[022]信念が試される

  

 

信念は、引き寄せの原動力、成功法則の原動力です。

自分の生きる道を見いだして、信念を持てたとします。それでも、難関が待ち構えています。

信念が試される、とういことです。

その信念が、本物であるかどうか。見せかけのものではないのか。とめどなく頑強な信念であるかどうか。

さて、誰が試すのでしょう? 信念を試すことができるのは、神か仏か・・・

いやいや、そんな神や仏に試されるなら、信念は自律的な意志ではなくなってしまいます。

試すのは、自分の心の中の自分です。神や仏は心の中にあるのだ、と考えるなら、神や仏が試すと考えてもいいでしょう。

信念を疑う存在、妨げる存在も、自分の心の中にあります。自分以外の誰かが邪魔をするわけではありません。

自分が自分を信じ、自分が自分を邪魔し、自分が自分に打ち勝っていかねばなりません。

「信念が試される」という言い方は、宗教ではなく、成功哲学において、よく見かけます。

試されることを勝ち抜いて、信念は、確固たるものとなり、結果をもたらします。

引き寄せの法則には、このプロセスが不可欠です。ここで負けてはいけません。どんなに怖ろしく見えたとしても、必ず勝てます。必ず勝てます。相手は自分です。試しているのは他者ではありません。その先に、目指すものがあるのです。

前へ前へ  TOPTOP  次へ次へ