あなたの人生は、あなたのものです。望む人生を生きられない理由は、ありません。

モモナナじぇーぴー 創造の力

メイン
創造の力シリーズ

創造の力シリーズ

結婚

  

7.家族を幸せに

平凡な幸せこそ、最も難しい?

結婚したら、家族が幸せにならないといけません。夫婦ふたりだけであろうと、子どもをたくさん授かろうと、家族の形は様々ですが、幸せにならないといけません。

離婚したらダメだとか、離婚したら子どもがかわいそうだとか、そんなカビが生えたような主張をするつもりはありませんし、何か決まった形の幸せがあって、それをめざさないといけないなどというものでもありません。

幸せの形は、まったく人それぞれ、家族それぞれです。

夫婦にはミッションが必要だと、言いましたが、「そんな邪魔くさいもん、いるかいな」とおっしゃる方もいるかもしれません。もちろん、あなたの人生は、あなたが判断されることです。

ミッションがあれば、逆境で力強く選択できます。選択すれば、創造の力が生じます。そこに、幸せがあります。

単純な方程式です。

でも、現実に適用しようとすれば、ぜんぜん、簡単ではありません。

幸せを手に入れようとするから・・・

簡単でない理由は、「家族の幸せ」を取り違えているからではないかと思います。

幸せを手に入れたいと、考えがちですが、それなら、どこから持ってくるのでしょう? どこかにある幸せを奪ってくるのでしょうか?もしそんなことをするなら、略奪になってしまうし、それで幸せになれそうには思えません。

では、幸せは、どうやって手に入れますか? 幸せという言葉はふつうに使われるけど、それがどのようなものかは、なかなかわかりそうでわかりません。幸せは人それぞれだとしても、「私にとっての幸せとはどんなものなのか?」という質問に答えるのさえ、難しいかも知れません。

「幸せという何か」は、幻ではないでしょうか。言い換えると、手に入れられるような幸せは、どこにもない、ということです。

私たちは、世界から孤立して生きているのではなく、孤立して生きることもできません。同じ人間が2人といないのは、人間には無限の多様性があるからです。多様であるということは、「私にしかない何か」が必ずあるということです。「私にしかない何か」こそが、私の価値であり、生きている証です。

その価値を世界のために生かしてこそ、私にとっての幸せが生まれるのです。幸せは、手に入れるものではなく、与える行動そのものではないでしょうか。与えるというのは、お金やモノを言うのではなく、「私にしかない何か」です。

あなたも幸せに生きていける

さて、「私にしかない何かを世界に与える」わけですが、具体的には、どういうことなのでしょうか?

私に、与えられるような何かがありそうには思えません。これも、逆に考えた方がいいようです。与えるとは、「学ぶ」こと。矢印の向きが逆ですね。人々が奇跡を生み出すとき、成長が生まれるとき、感動的な場面が生じる時、そこには、相手から学ぼうという姿勢があることに気づきます。

人間には無限の多様性があるので、誰が誰から学ぶことも可能です。学ぶということは、相手の存在を高く認めることに他なりません。これができれば、いろんなことが変わります。つまり、それこそが、創造の力なのです。

夫婦が互いに、親が子から学ぶということをお話ししてきました。そして、それを、家族以外へも広げます。誰かから学び、誰かからは学びたくない、というのは、つまずきの原因です。何か問題が生じているとすれば、まさにそこに、学びたくない対象があるのです。そして、まさにそこにこそ、あなたに幸せをもたらす何かがあるのです。

夫婦のミッションとは、このような学びを生涯続けていこうということの「何か」なのです。学べば学ぶほど、幸せが増えていきます。学びとは、もちろん、学校の教科学習ではありません。それは、あなたたち夫婦にしか見出せない「何か」なのです。

夫婦
前へ前へ  TOPTOP